ラテン語格言

Tempore cuncta mitiora.

「テンポレ・クンクタ・ミーティオーラ」と読みます。
temporeは「時間」を意味する第3変化名詞 tempus,-poris n.の単数・奪格です。「時間によって」(手段の奪格)とも「時間の(流れの)中で」(時間の奪格)とも解釈できます。
cunctaは「すべての」を意味する第1・第2変化形容詞 cunctus,-a,-umの中性・複数・主格です。名詞的に扱われ、この文の主語になっています。
mitioraは「熟した」を意味する第3変化形容詞 mitis,-eの比較級 mitior,-ius の中性・複数・主格です。
動詞 suntが省かれています。
「時間とともに(or 時間によって)すべてがより熟したものになる」と訳せます。

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5