ラテン語格言

Miseros prudentia prima relinquit.

「ミセロース・プルーデンティア・プリーマ・レリンクイト」と読みます。
miserosは「惨めな」を意味する第1・第2変化形容詞miser,-era,-erumの男性・複数・対格です。
この文では名詞的に用いられ、「惨めな者たちを」と訳せます。
prudentiaは「分別」を意味する第1変化女性名詞、単数・主格です。
primaは「最初の」を意味する第1・第2変化形容詞primus,-a,-umの女性・単数・主格です。prudentiaと性・数・格が一致します。
relinquitは「見捨てる」を意味する第3変化動詞relinquoの直説法・能動態・現在、3人称単数です。
形容詞primaの訳し方にコツがあります。「最初の(prima)分別は(prudentia)」と(属性的に)訳すと意味がわからなくなります。「分別は(prudentia)最初の状態で(or 最初のものとして)(prima)」とします。これを「述語的に訳す」と言います。日本語らしくするには、「最初の状態で」は「最初に」とした方がよいでしょう。つまり、「副詞的に」訳すことになります。
まとめると、「惨めな者たちを分別が最初に見捨てる」と訳せます。
オウィディウスの『黒海からの手紙』に見られる言葉です(Ov.Pont.4.12.47)。

悲しみの歌・黒海からの手紙 (西洋古典叢書)
オウィディウス 木村 健治
4876981132

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5