ラテン語格言

Faber est suae quisque fortunae.

2018年11月2日

「ファベル・エスト・スアエ・クゥィスクゥェ・フォルトゥーナエ」と読みます。

faberは「職人、作者」を意味する第2変化名詞 faber,-brī m. の単数・主格です。文の補語です。

suaeは「自分の」を意味する3人称の所有形容詞 suus,-a,-umの女性・単数・属格です。fortūnaeにかかります。

quisqueは「めいめい、各人」を意味する不定代名詞 quisque,quaeque,quidqueの男性・単数・主格です。文の主語です。

fortūnaeは「運命」を意味する第1変化名詞fortūna,-ae f. の単数・属格です。

「めいめいが自分の運命の作者である」と訳せます。

「めいめいが自らの運命を作る主体である」と解釈できます。

>

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5