ラテン語格言

Non est beatus, esse se qui non putat.

「ノーン・エスト・ベアートゥス・エッセ・セー・クゥィー・ノーン・プタト」と読みます。
beatusは「幸福な」を意味する第1・第2変化形容詞 beatus,-a,-umの男性・単数・主格です。
esseは不規則動詞sum(~である)の不定法・能動態・現在です。
seは3人称の再帰代名詞、単数・対格です。
quiは関係代名詞、男性・単数・主格です。先行詞は省かれています。これ一語で「~する人は」と訳せます。
putatは「考える、思う」を意味する第1変化動詞 putoの直説法・能動態・現在、3人称単数です。
「自分が幸福だと思わない人は幸福ではない」と訳せます。
セネカが『倫理書簡集』で引用している格言的表現です(Ep.9.21)。

セネカ哲学全集〈5〉倫理書簡集 I
兼利 琢也
4000926357

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5