ラテン語格言

Immortalia ne speres, monet annus et almum quae rapit hora diem.

「インモルターリア・スペーレース・モネト・アッヌス・エト・アルムム・クァエ・ラピト・ホーラ・ディエム」と読みます。
immortālia は「不死の」を意味する第3変化形容詞immortālis,-e の中性・複数・対格です。名詞的に用いられています。「不死なるものを」。
nē は接続法を伴い、「~しないようにせよ」という禁止の命令を表します。
spērēs は「希望する、望む」を意味する第1変化動詞 spērō,-āre の接続法・能動態・現在、2人称単数です。
monet は「忠告する、警告する」を意味する第2変化動詞 moneō,-ēre の直接法・能動態・現在、3人称単数です。
annus は「年、歳月」を意味する第2変化名詞annus,-ī m.の単数・主格です。
almum は「慈愛深い」を意味する第1・第2変化形容詞 almus,-a,-um の男性・単数・対格です。diemにかかります。
quae は関係代名詞quī,quae,quodの女性・単数・主格です。先行詞は hōra です。(先行詞が関係代名詞の後ろに置かれるのはラテン語ではたまにあります)。
rapit は「奪う」を意味する第3変化動詞 rapiō,-ere の直接法・能動態・現在、3人称単数です。
hōra は「時」を意味する第1変化名詞hōra,-ae f.の単数・主格です。
diem は「日」を意味する第5変化名詞diēs,-eī m.の単数・対格です。
「不死なるものは望むな、と「歳月」が、そして、恵み深い日を奪い去る「時」が警告する」と訳せます。
ホラーティウスの言葉です(Carmina 4.7)。

ホラティウス全集
鈴木 一郎
玉川大学出版部

-ラテン語格言
-, , ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5