お知らせ 訳と解説

カエサル『ガリア戦記』第1巻をラテン語で読む

2020年3月23日

カエサルのラテン語を読むための本を書きました(Kindle出版)。

カエサルの『ガリア戦記』は、ラテン語の初級文法を終えた人が最初に読むテクストとして知られます。本書は原文のすべての単語に文法説明をつけ、逐語訳を載せています。一通りラテン語を学んだ人にとって、この本があればカエサルの原文をじかに読む喜びを味わえるでしょう。(作品紹介より)

ラテン語の文法をひととおり終えた人なら(あるいは途中でも)十分ご理解頂ける内容だと思います。et一語に至るまで説明しています。(サンプル

サンプルをご覧になって、「なるほど、ふむふむ」と感じる人と、「目がちかちかする。チンプンカンプン」という人と二通りに分かれるでしょう。文法を学ぶ目的として、このサンプルを「ふむふむ」と理解できる程度に学ぶ、というのはどうでしょうか。けっして「なにからなにまで活用や変化を暗記するぞ」と肩に力を入れなくても、「調べて理解できる」という目標に切り替えると、かりに「覚えては忘れる」という繰り返しであっても、あきらめずに前に進んでいけるはずです。

-お知らせ, 訳と解説

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5