怒り

ラテン語格言

Immodica ira gignit insaniam.

2021/3/17    ,

「インモディカ・イーラ・ギグニト・インサーニアム」と読みます。 immodica は「過度の」を意味する第1・第2変化形容詞 immodicus の女性・単数・主格で、īra にかかります。 īra ...

ラテン語格言

Animum rege, qui nisi paret, imperat.

2020/9/22    , ,

「アニムム・レゲ・クィー・ニシ・パーレト・インペラト」と読みます。 animum は「心」を意味する第2変化名詞 animus,-ī m. の単数・対格で、rege の目的語です。 rege は「支配 ...

no image

ラテン語格言

Amantium irae amoris integratio.

「アマンティウム・イーラエ・アモーリス・インテグラーティオー」と読みます。 amantium は「愛する」を意味する第1変化動詞 amō,-āre の現在分詞、複数・属格です。現在分詞の名詞的用法で、 ...

no image

ラテン語格言

Tantaene animis caelestibus irae?

「タンタエネ・アニミース・カエレスティブス・イーラエ」と読みます。 tantaeneはtantae+neと分解できます。 tantaeは「これほど大きな」を意味する第1・第2変化形容詞 tantus, ...

no image

ラテン語格言

Ira initium insaniae est.

2014/12/29    ,

「イーラ・イニティウム・インサーニアエ・エスト」と読みます。 iraは「怒り」を意味する第1変化名詞、単数・主格です。 initiumは「始まり」を意味する第2変化名詞、単数・主格です。 insani ...

no image

ラテン語格言

Ira odium generat.

2020/11/22    ,

「イーラ・オディウム・ゲネラト」と読みます。 īraは「怒り」を意味する第1変化名詞īra,-ae f.の単数・主格で、文の主語です。 odiumは「憎しみ」を意味する第2変化名詞odium,-ī n ...

ラテン語格言

Gravis ira regum est semper.

2020/11/28    , ,

「グラウィス・イーラ・レーグム・エスト・センペル」と読みます。 gravis は「重い」を意味する第3変化形容詞gravis,-eの単数・主格です。 īra は「怒り」を意味する第1変化名詞īra,- ...

no image

ラテン語格言

Sermo mollis frangit iram.

2012/1/13    , ,

「セルモー・モッリス・フランギト・イーラム」と読みます。 sermo は「言葉」を意味する第三変化名詞、単数主格です。 mollis は「柔らかい」を意味する第三変化形容詞、男性・単数・主格です。se ...

西洋古典

穏やかな言葉は怒りを打ち砕く(柔よく剛を制する)

Sermo mollis frangit iram. 穏やかな言葉は怒りを打ち砕く。 sermo は「言葉、発話」を意味する名詞で、英語の sermon の語源です。英語では「教会の説教」という意味で ...

ラテン語格言

Ludus genuit iram.

2020/9/20    ,

「ルードゥス・ゲヌイト・イーラム」と読みます。 lūdus は「遊び、冗談」を意味する第2変化名詞lūdus,-ī m.の単数・主格です。lūdus は幅広い意味を持ち、「学校」を意味する場合もありま ...

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5