テレンティウス

ラテン語格言

Hinc illae lacrimae.

2021/3/6    ,

「ヒンク・イッラエ・ラクリマエ」と読みます。 hinc は「ここから」を意味する副詞です。 lacrimae は「涙」を意味する第1変化名詞 lacrima,-ae f. の複数・主格で、この文の主語 ...

ラテン語格言

Alieno more vivendum est mihi.

「アリエーノー・モーレ・ウィーウェンドゥム・エスト・ミヒ」と読みます。 Aliēnōは第1・第2変化形容詞aliēnus,-a,-um(別の、他人の)の男性・単数・奪格。mōreにかかる。 mōreは ...

ラテン語格言

Facile omnes, cum valemus, recta consilia aegrotis damus.

2020/10/31    ,

「ファキレ・オムネース・クム・ウァレームス・レクタ・コンシリア・アエグローターティース・ダムス」と読みます。 facile は「容易に」を意味する副詞です。 omnēsは「すべての」を意味する第3変化 ...

no image

ラテン語格言

Amantium irae amoris integratio.

「アマンティウム・イーラエ・アモーリス・インテグラーティオー」と読みます。 amantium は「愛する」を意味する第1変化動詞 amō,-āre の現在分詞、複数・属格です。現在分詞の名詞的用法で、 ...

no image

ラテン語格言

Amantes amentes.

「アマンテース・アーメンテース」と読みます。 amantēsは「愛する」を意味する第1変化動詞 amō,-āre の現在分詞・男性・複数・主格の名詞化したもの(=「愛する者は」)です。 厳密にいえば ...

ラテン語格言

Homo sum. Humani nil a me alienum puto.

2021/6/21    ,

「ホモー・スム。フーマーニー・ニール・アー・メー・アリエーヌム・プトー」と読みます。 homō は「人間」を意味する第3変化名詞homō,hominis c.の単数・主格です。c.はcommon ge ...

西洋古典

テレンティウス『兄弟』(解説)

2020/9/29    ,

主題と劇の展開 テレンティウスの『兄弟』は、父親のあるべき姿、教育の本質的問題を正面から取り扱った知的な喜劇とみなされる。若い息子の恋愛問題に対して父親は厳格な態度で処すべきか、それとも、子の自主性を ...

西洋古典

「老年は気むずかしいか」

キケローは『老年について』の中で、老人が気むずかしいという意見について反対意見を述べています。 65節. At sunt morosi et anxii et iracundi et difficil ...

ラテン語入門 西洋古典

代名詞の例文

代名詞の例文を集めました(結構あります)。代名詞の概要をつかんだら、あとは数多く例文に当たるとよいでしょう。 hīs amor ūnus erat pariterque in bella ruēban ...

ラテン語入門 西洋古典

直説法・能動態・未完了過去の例文

Flumina nectaris ibant. 「フルーミナ・ネクタリス・イーバント」と読みます。 fluminaは「川」を意味する第3変化名詞flumenの複数・主格です。 nectarisは「ネク ...

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5