ラテン語格言

Dividimus muros et moenia pandimus urbis.

「ディーウィディムス・ムーロース・エト・モエニア・パンディムス・ウルビス」と読みます。
dīvidimusは「切り開く」を意味する第3変化動詞dīvidō,-ere の直説法・能動態・現在、1人称複数です。
mūrōsは「城門」を意味する第2変化男性名詞mūrus,-ī m. の複数・対格です。
moeniaは「城壁」を意味する第2変化中性複数名詞moenia,-ōrum n.pl. の対格です。
pandimusは「開ける」を意味する第3変化動詞pandō,-ere の直説法・能動態・現在、1人称複数です。
urbisは「都」を意味する第3変化名詞urbs,urbis f. の単数・属格です。moeniaにかかります。
「我々は城門を切り開き、都の城壁を開け放つ」と訳せます。
ウェルギリウスの『アエネーイス』に見られる表現です(Aen.2.234)。
この行為が何を意味するのか、トロイア戦争のことをご存じならピンとくるはずです。
背景を少しだけ訳でご紹介します。

diuidimus muros et moenia pandimus urbis.
accingunt omnes operi pedibusque rotarum 235
subiciunt lapsus, et stuppea uincula collo
intendunt; scandit fatalis machina muros
feta armis. pueri circum innuptaeque puellae
sacra canunt funemque manu contingere gaudent;
illa subit mediaeque minans inlabitur urbi. 240

われわれは城門を開け、都の城塞を開け放った。
全員で仕事に取り掛かる。馬の足の下には
それを動かす車輪を敷き、首からは麻くずの帯を
引っ張った。この運命の仕掛けは武器をいっぱいに詰め込んで
城を登った。その周りで少年たちと結婚前の乙女たちは
神聖な歌を歌い、嬉々として綱を手にした。
木馬は城を登り、威嚇するように都の中心にすべり降りた。

馬というのはオデュッセウスが考案した「木馬」のことです。

アエネーイス (西洋古典叢書)
ウェルギリウス
京都大学学術出版会

-ラテン語格言
-, , ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5