ラテン語格言

Cicada cicadae cara, formicae formica.

「キカーダ・キカーダエ・カーラ・フォルミーカエ・フォルミーカ」と読みます。
cicādaは「セミ」を意味する第1変化名詞cicāda,-ae f.の単数・主格です。
cicādaeは同じ名詞の単数・与格です。「セミにとって」を意味します(「判断者の与格」)。
cāraは「親しい」を意味する第1・第2変化形容詞cārus,-a,-umの女性・単数・主格です。文の補語です。
動詞estを補います。estは不規則動詞sum,esse(である)の直説法・現在、3人称単数です。
後半の主語はformīcaで動詞estと補語cāraが省かれています。
formīcae は「アリ」を意味する第1変化名詞formīca,-ae f.の単数・与格です。
formīcaは同じ名詞の単数・主格です。後半の文の主語です。
「セミはセミにとって、アリはアリにとって親しい」と訳せます。
「類は友を呼ぶ」、「十人十色」という趣旨のことわざです。

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5