ラテン語格言

Id est facile dictu, sed difficile factu.

「イド・エスト・ファキレ・ディクトゥー・セド・ディッフィキレ・ファクトゥー」と読みます。
idは「それ」を意味する指示代名詞is,ea,idの中性・単数・主格です。
facileは「容易な」を意味する第3変化形容詞facilis,-eの中性・単数・主格です。
dictū は「言う」を意味する第3変化動詞dīcō,-ere の目的分詞の奪格形です。直前の形容詞の意味を限定し、「言うことにおいて(容易な)」という意味を表します。
sedは「しかし」を意味する接続詞です。
difficileは「困難な」を意味する第3変化形容詞difficilis,-e の中性・単数・主格です。
factū は「行う」を意味する第3変化動詞faciō の目的分詞の奪格形です。dictū と同じく直前の形容詞の意味を限定し、「行うことにおいて(困難な)」という意味を表します。
「それは言うことは容易でも、行うことは難しい」と訳せます。
「言うは易く行うは難し」と意訳してもよいでしょう。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5