Q&A

cūjusの発音は?

2013年6月29日

母音の間にはさまれたjは[i+j]になります。

ラテン語では慣例上、母音にはさまれたjの前の母音に長母音をつけますが、発音は[短母音+i+j+母音]になります。mājor(より大きい)は「マイヨル」(mai+jor)です。

同様に、cūjus(関係代名詞quīの属格)は「クイユス」(cui+jus)です。

ではクエスチョン。

1)pējorの発音はどうなりますか?

答えは、「ペイヨル」(pei+jor)です。

2)Pompējusの発音は?

答えは、「ポンペイユス」(Pompei-jus)です。

3)Trōjaは?

答えは「トロイヤ」(Troi-ja)です。

4)ējusは?

答えは「エイユス」(ei-jus)です。

研究社の『羅和辞典』は上の原則に従った表記をしています。翻訳を読むと、たとえば「ポンペイウス」とか「トロイア」という表記を見かけますが、間違いというわけではありません。翻訳においては慣例を重んじる場合が多くあり、ポンペイウス、トロイアと表記されることの方が多い印象です。

上で述べたことは、『しっかり学ぶ初級ラテン語』p.12で説明しています。

-Q&A
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5