プロペルティウス

no image

ラテン語入門

直説法・能動態・過去完了の例文

過去完了は、完了幹にsumの未完了過去を加えて作ります。 Themistocles omnium civium perceperat nomina. 「テミストクレース・オムニウム・キーウィウム・ペル ...

no image

ラテン語格言 第4部の例文

Cynthia prima fuit, Cynthia finis erit.

「キュンティア・プリーマ・フイト・キュンティア・フィーニス・エリト」と読みます。 Cynthia はCynthia,-ae f.(キュンティア)の単数・主格です。詩人プロペルティウスが愛した女性の名前 ...

no image

ラテン語格言 第2部の例文

Insanus medio flumine quaeris aquam.

2018/10/11    

「インサーヌス・メディオー・フルーミネ・クゥァエリス・アクゥァム」と読みます。 insānusは「狂った」を意味する第1・第2変化形容詞insānus,-a,-umの男性・単数・主格です。省略された主 ...

no image

ラテン語格言 第4部の例文

Auro pulsa fides.

2018/10/9    

「アウロー・プルサ・フィデース」と読みます。 aurōは「黄金、金(かね)」を意味する第2変化名詞 aurum,-ī n.の単数・奪格です(「手段の奪格」)。「黄金によって」と訳します。 pulsaは ...

no image

ラテン語格言 第4部の例文

In magnis et voluisse sat est.

「イン・マグニース・エト・ウォルイッセ・サト・エスト」と読みます。 magnis は形容詞が名詞化されている例です。第1・第2変化形容詞magnus,-a,-um(大きい)の中性・複数・奪格です。 e ...

no image

ラテン語入門

不規則動詞の例文

不規則動詞の例文を集めました。 Semper amica mihi, semper uxor eris. 「センペル・アミーカ・ミヒ・センペル・ウクソル・エリス」と読みます。 semperは「永遠に」 ...

no image

ラテン語格言

Tu mihi sola places: placeam tibi, Cynthia, solus.

2013/11/23    

「トゥー・ミヒ・ソーラ・プラケース・プラケアム・ティビ・キュンティア・ソールス」と読みます。 tuは二人称単数の人称代名詞tuの主格です。 mihiは一人称単数の人称代名詞egoの与格です。 sola ...

no image

ラテン語格言 第5部の例文

Te ustus amem.

「テー・ウストゥス・アメム」と読みます。 te は人称代名詞二人称単数、対格です。「あなたを」と訳せます。 ustus は「焼く、燃やす」を意味する第三変化動詞 uro の完了分詞、男性・単数・主格で ...

no image

ラテン語格言

Traicit et fati litora magnus amor.

2012/12/28    , , ,

「トラーイキト・エト・ファーティー・リートラ・マグヌス・アモル」と読みます。 traicit は「超える」を意味する第三変化動詞 traicio の直接法・能動相・現在、三人称単数です。 et は次に ...

no image

ラテン語格言

Laus in amore mori.

「ラウス・イン・アモーレ・モリー」と読みます。 laus は「名誉、誉れ」を意味する第三変化名詞、単数主格です。 amore は「愛」を意味する第三変化名詞 amor の単数奪格です。 mori は「 ...

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5