ヘーシオドス

西洋古典

人はなぜはたらくのか:ヘーシオドス

2020/10/13    

西洋の古典文学には、教訓詩(didactic poetry)とよばれるジャンルがあります。ギリシア文学ですと、ヘーシオドスの『仕事と日』が代表的な作品です。岩波文庫で、100ページ足らずの作品です(全 ...

no image

西洋古典

ゼウスの時代:ヘーシオドス

2015/1/21    

ヘシオドスの「神統記」(テオゴニア)によれば、はじめにカオス(混沌)が生まれ、カオスからガイア(大地)、大地の奥底のタルタロス、エロス(愛)が誕生します。ガイアからはウラノス(天)とポントス(大洋)が ...

no image

西洋古典

大地と天の子、そしてアプロディテの誕生:ヘーシオドス

2015/1/21    

ガイア(大地)は息子のウラノス(天)とまじわって、多くの神々を生みます(大地と天のまじわりのモチーフについては、「ヒエロス・ガモス」参照)。大洋(オケアノス)、コイオス、クレイオス、ヒュペリオン、イア ...

no image

西洋古典

世界の始まり:ヘーシオドス

世界の始まりはどのようなものであったのでしょうか。古代ギリシアの詩人ヘーシオドスは、『神統記』(116以下)の中で次のように語っています。 まず初めにカオス(混沌)が生まれた。つづいて広大な胸をもつガ ...

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5