授業メモ

2016-02-01 授業メモ

まとめ

  • ウェルギリウスの『農耕詩』で提示される「AかBか」という議論について(arsかamorか、等)、詩人の立場は「AもBも」。
  • テレンティウスの『兄弟』もしかり。「厳格に育てるか」、「寛容に育てるか」。「どちらも大事」。
  • キケローの『神々の本性について』におけるipse dixit.のメッセージは「Aのみ」、「Bのみ」の立場を批判する。
  • 「和魂洋才」という言葉。「和か洋か」でなく、「和も洋も」。「魂か才か」でなく、「魂も才も」。
  • 「古今東西」という言葉。「古か今か」でなく、「古も今も」。「東か西か」でなく、「東も西も」。

参考

  • 「学べばすなわち固ならず」(孔子)。
  • 「学を絶てば憂いなし」(老子)
  • 「道の道とすべきは常の道にあらず」(老子)>>湯川秀樹氏の解釈。

アインシュタインの「聖なる好奇心」

The important thing is not to stop questioning. Curiosity has its own reason for existing. One cannot help but be in awe when he contemplates the mysteries of eternity, of life, of the marvelous structure of reality. It is enough if one tries merely to comprehend a little of this mystery every day. Never lose a holy curiosity. Try not to become a man of success but rather try to become a man of value. He is considered successful in our day who gets more out of life than he puts in. But a man of value will give more than he receives.

-授業メモ

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5