授業メモ

2015-11-16 授業メモ

才能について(再)
「才能は天の与えた使命だ。」(エマソン)
才能を社会にどう活かせばよいか。生きる意味を考える。

労働laborについて
laborは「労働」とともに「苦悩」を意味する。
Labor Omnia vicit improbus. (ウェルギリウス)の解釈。人間にとって労働とは罰であるか。ヘーシオドス以来の伝統では労働を罰ととらえる。それを克服して開かれる世界。ヘーシオドスは「神は幸福の前に汗を置いた」と述べた。
>>「人はなぜはたらくのか:ヘーシオドス

ウェルギリウスは文明の発展との関連で労働の意味を問い直す。五時代説話における黄金時代と労働の関係。鉄の時代と労働。ラボル・インプロブス。「悪しき労働」か「不屈の労働」か。どちらともとれる。
>>「人間にとって技術とは何か

農夫の労働が国を支える基盤であることについて。
>>「農耕讃歌」。

-授業メモ

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5