エッセイ

Hodie mihi, cras tibi.今日は私に、明日はあなたに

まるで謎かけのような言葉です。パッと見てすぐに意味がわかりません。じつは、これは墓碑銘に刻まれる言葉で、注意を引くためか、わざと言葉が省かれています。主語に 「死」(モルス)を補ってみてください。「今日は私に、明日はあなたに死が訪れる」という意味になります。日本だと縁起が悪いと嫌われそうですが、欧米では今でも墓地の入り口にこの言葉が刻まれていたりします。

この言葉は私を死者と解釈するところにポイントがあります。死者から現世を生きる人間へのメッセージというのが、墓碑銘に見られる定番の一つです。「私はあなたであった。あなたは私になるだろう」という墓碑銘も有名です。これも、私を死者と受け取ることで合点できます。「私はあなたのようにかつて現世を生きる人間であった。この墓碑銘を見ているあなたもいずれ私のように死を迎えるだろう」と。

これらは、総じて「メメント・モリ」(死を忘れるな)のバリエーションととらえることができます。表題の言葉は、「今日」と「明日」、「私」と「あなた」というたった四つの言葉をくみあわせただけですが、読み手に生死の意味を鋭く問いかけます。じつに見事です。意味がわかると含蓄があることに気づくでしょう。

-エッセイ
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5