エッセイ

Ora et labora. 祈れ働け

Ora et labora. オーラー・エト・ラボーラー 祈れ働け

ベネディクト会のモットーです。ゆっくりと「オーラー・エト・ラボーラー」と発音してみてください。音の響きが重なりあい美しく聞こえます。

オーラーが「祈りなさい」、ラボーラーが「働きなさい」という意味ですが、綴りを見ると、labora の中に ora の文字が見つかります。つまり、「勤労の中に祈りがある」という考えが文字の上でも表現されています。

「祈ること」イコール「信念をもつこと」ととらえると、表題は「信念を持って働け」というメッセージとして受け取ることができます。日々の仕事に真剣に取り組む中で、人は自分なりの信念を培うことができます。逆に、仕事に精を出すことなく、信念だけをどこかから借りてくることはできません。

信念とは生きる力であり、自分を支える強い気持ちです。ウェルギリウスの『アエネーイス』に「できると思うからできる」(5.231 possunt, quia posse uidentur.)という言葉があります。日本語の「なせばなる」という言葉と同じ意味です。逆に言えば、「できないと思うからできない」のです。しかし、「なせばなる」という信念を培うための特効薬、そんな呪文の言葉はありません。

日々のたゆまぬ取り組みの中にこそ、信念を養う道が開かれている。表題はそのことに気づかせてくれる言葉です。

-エッセイ
-, , ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5