ラテン語講習会

2021-6-27 セネカの『人生の短さについて』を読む(講習会)

ラテン語講習会の特別企画をご案内します。セネカの『人生の短さについて』(De Brevitate Vitae)を読むオンライン授業です。

日時: 6/27(日)午後1時半から3時まで
会場: Zoom(申し込みの時点で当日のzoom情報をお知らせします)。
特典: 参加者には原文の一字一句の説明を施した資料(ワードファイル)を事前にお届けし、授業終了後には動画記録をお届けします。
会費: 5,000円
教材: セネカの『人生の短さについて』(De Brevitate Vitae)を一字一句丁寧に読み解きます(4.1 Cupiuntから4.5fudit までを読みます)。
http://www.thelatinlibrary.com/sen/sen.brevita.shtml Latin Library

<申し込み方法>
参加希望者は、フォームメールをご利用の上お申し込み下さい。題名は「ラテン語講習会受講希望」としてください。
資料とともに当日のzoom情報をお送りします(一日以内)。万一お返事が届かない場合、075-781-3200までお電話下さい。
受講希望者はクラスの空きを確認後、開講日までに下記口座いずれかに講習料をお振り込み下さい。入金確認のメールはお出ししませんが、領収書が必要な方は別途お申し出下さい。

京都中央信用金庫 銀閣寺支店 普通 2217927
名義:学校法人北白川学園 理事長山下太郎

ゆうちょ銀行 00990-0-207268
加入者名:学校法人北白川学園
※ インターネットでゆうちょ銀行に振り込む場合、預金種目:当座、店名:〇九九 店(ゼロキユウキユウ店)、口座番号:0207268となります。

この作品はタイトルとは逆に「人生はじゅうぶん長い」ということを主張する内容です。人生は長いはずなのに、何がそれを短く感じさせるのか。セネカは原因を列挙しますが、その指摘はまるで2千年後の我々に向けられたもののように感じられ、1行読むごとにドキッとさせられます。翻訳は岩波文庫から大西英文先生の訳が出ていて入手しやすいです。格調高い訳文になっています。一つ前の茂手木元蔵訳(岩波文庫、1980)もこなれた日本語でお勧めです。

-ラテン語講習会
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5